お知らせ一覧

砂場での水遊び

園日記 / 
2021.06.08

気温も高くなり蒸し暑い日が増えてきました。園庭で遊ぶ園児たちが少しでも涼しく遊べるように自由遊び中の砂場での水遊びを本日より始めました。

今日までに各クラス単位で一度砂場での水遊びを行い、その際、水の大切さを伝え、際限なく使うことのないよう、バケツに水をくみ、水を使いたいときはバケツの水をくんで遊ぶよう約束しました。

手洗いバケツ

そしてどろんこになった手は手洗いバケツで泥をおとしてから水道で洗うように指導しています。

また、バケツの水がなくなったときは近くにいる先生に声をかけ水をいれてもらうように伝えています。


コップに入れてジュース屋さんごっこをしたり、容器から容器へ水を移し替えることを楽しんだり、土の上に水を流して泥んこの感触を楽しんだり、おだんごを作ったり、水を使うことによって園児たちの遊びの幅も広がり、とても楽しそうに遊ぶ姿が多くみられました。こどもは水が大好きですね。

中には泥んこの感触が苦手だったり、手に泥がつくことを嫌がったりするお友だちもいますが、この時期にしかできない遊びなので、クラスで取り組む機会などをつくり、楽しさを伝えていきたいと思います。

砂遊びや泥んこ遊びは、 幼児期のみ体験できる大切な活動であると考えております。保護者の皆様は、汚れや泥だらけになることが気になるかもしれませんが、是非お子様方がしっかり活動している姿だとご理解ください。