お知らせ一覧

教育時間終了後の活動

園日記 / 
2020.09.18

今日は教育時間終了後の様子をお伝えします。

1号認定児のお迎え後、2号認定児と1号認定児の預かり保育を利用する園児は、ゆうぎ室で保育をしています。

ゆうぎ室にはブロックやトランプ、ぬりえやパズルなど、保育室にはないおもちゃもたくさんあり、自由あそびの時間は「どのおもちゃで遊ぼうかな~」とみんな目をキラキラさせています。

入園当初は1人遊びをしていた園児も、だんだんと園生活に慣れ、お友だちと一緒に遊ぶ姿がみられたり、5歳児にもなると、保育者が思いつかないような遊びを考え、お友だちと協力してひとつのものを作りあげたりし、『自由あそび』といっても、たくさんの子どもの育ちを発見することができます。

また、異年齢児が同じ空間にいることで、3歳児は4・5歳児のお兄ちゃんお姉ちゃんをお手本にいろいろな興味をもったり、4・5歳児は自分より小さいおともだちに慕われることによって年上としての自覚が芽生えたりします。

保護者の方がお迎えに来られるまで、おやつを食べたり、ゲームをしたり、教育時間中とはまた違った園生活を楽しんでいます。